ホーム年金・機関投資家の皆様 > 運用戦略のご案内 > 外国債券

外国債券

運用権限の委託、若しくは投資助言又は自社設定投信の組入れを通じて、以下の運用戦略をご提供いたします。

グローバル債券

             
運用会社 ブランディワイン・グローバル・インベストメント・マネジメント
運用方針 実質金利の高い債券に投資し、通貨をコントロールすることにより、超過収益の獲得を狙います。1マーケットサイクルでベンチマークに対して超過収益の獲得を目指します。
割安な債券に着目することにより、ダウンサイド・リスクの抑制を目指します。
ベンチマーク シティ世界国債インデックス(円ベース、円ヘッジ円ベース)
パークレイズ・キャピタル・グローバル総合インデックス(円ベース、円ヘッジ円ベース)
短期金利 他
投資対象 ベンチマーク採用国の国債/投資適格社債/モーゲージ証券を主要投資対象とします。
上記以外の債券への投資を一部行うことがあります。
運用プロセス トップダウン・アプローチ且つ、バリュースタイルの運用を行います。投資判断においては、インフレ率調整後の実質利回りを最重要視しています。
次に為替バリュエーションを重視しています。物価動向、政治的リスク、金融政策の動向、景気サイクル、流動性等も考慮します。
通常は最も高いトータルリターンが見込まれる8〜12ヶ国に投資しています。
超過収益の源泉 国別配分
通貨配分
デュレーション調整
セクター配分