ホーム  > 反社会的勢力に対する基本方針

反社会的勢力に対する基本方針

当社は、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である、反社会的勢力との関係を遮断していくことが 信頼の維持や、業務の適切性・健全性確保のため不可欠であることを認識し、当基本方針を作成・宣言します。

1. 組織としての対応

当社は、反社会的勢力により不当な要求がなされた場合には、担当者や担当部署のみに任せることなく、経営陣の適切な指示・関与のもと、組織全体として対応します。

2. 外部専門機関との連携

当社は、外部専門機関との連携を行うとともに、特に脅迫・暴力行為の危険性が高く、緊急を要する場合には直ちに警察に通報を行います。

3. 取引を含めた一切の関係遮断

当社は、反社会的勢力とは取引を含めて一切の関係をもたず、いかなる理由であれ、反社会的勢力であることが判明した場合には、速やかに取引関係を解消するよう努めます。

4. 有事における民事と刑事の法的対応

当社は、必要な民事上の法的対抗手段を講ずるとともに、積極的に被害届を提出するなど、刑事事件化も躊躇しない対応を行います。

5. 裏取引や資金提供の禁止

当社は、反社会的勢力からの不当要求が、事業活動や従業員の行為を理由とするものであった場合でも、事実関係を調査し、裏取引や資金提供を行わないものとします。